結婚式で花嫁が幸せになれるサムシングフォーとは?

欧米諸国で古くから伝わる伝説・おまじないで「サムシングフォー」というものがあります。このサムシングフォーは結婚する花嫁が4つのアイテムを結婚式に取り入れると幸せになれるというものです。その中でもサムシングブルーという言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、残りの3つはどのようなアイテムか知らない人が多いです。花嫁が幸せになるために結婚式に是非取り入れたいサムシングフォーを解説します。

サムシングフォーの4つのアイテム

イギリスの古い童話でマザーグースのなかに出てくる物語が由来のようですがハッキリとはしていません。童話の中で「何か古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの、そして靴の中に6ペンス銀貨を」と記されていてこれらを身に付けると花嫁は幸せになれるというおまじないです。ヨーロッパでは200年以上前から結婚式に取り入れられていて日本にも伝わり結婚式に取り入れるカップルが増えてきました。4つのアイテムの具体的な取り入れ方はこのようになります。

①サムシングオールド(Something Old) 何か古い物

先祖から受け継がれてきた大事な物など、祖母や母から譲り受けたアクセサリーや衣装などを身に付けるのが良いでしょう。

先祖代々の幸せを受け継ぎ、末永い夫婦生活を過ごしていけますようにという意味があります。

②サムシングニュー(Something new) 何か新しい物

新しく靴やハンカチ、ストッキングなど小物で良いので新調した物を身に付けましょう。

未来への希望を象徴するもので、新しい困難も乗り越えられるようにという意味があります。

③サムシングブルー(Something blue) 何か青い物

ドレスのポイントに青い物を取り入れたり式場のディスプレイに青を取り入れると良いでしょう。結婚指輪の内側にサファイアやブルーダイヤモンドを埋めこむ人も多いです。

青は聖母マリア様のカラーで清純な色とされています。新郎への忠誠を表現するという意味合いもあります。

④サムシングボロー(Something borrowed) 何か借りた物

既に結婚している友人などに小物やハンカチなどを借りて身に付けましょう。

幸せな結婚生活を送っている先輩夫婦にあやかるという意味があり。友人などの縁を象徴する意味もあります。

サムシングフォーを取り入れてハッピーな結婚式を行いましょう

具体的な方法は簡単な事ばかりなので結婚式にはすぐに取り入れることが出来ると思います。このおまじないはきっと花嫁を幸せにし、今後の結婚生活をハッピーに過ごせるでしょう!