結婚指輪の内側に宝石を入れるのはなぜ?メリット・デメリットもチェック

結婚指輪に関しては、「日常生活で使うものだからシンプルなデザインで良い」という人もいれば、「内側や外側へジュエリーをあしらったお洒落なものにしたい」という人もいます。指輪の内側に付ける宝石に関しては、ダイヤモンドや誕生石を選ぶ人が多いでしょう。ジュエリーにはそれぞれ異なった意味合いがありますから、選ぶ前によく理解しておくことは大切です。

石の種類と意味

誕生石として知られるジュエリーにはそれぞれ異なった意味があります。例えば、1月の誕生石である「ガーネット」には、「笑顔」という意味があります。2月の誕生石である「アメジスト」には「魅力」、3月の誕生石である「アクアマリン」には「思いやり」という意味が付されているのです。4月の「ダイヤモンド」には「純粋さ、愛情」という意味があります。5月「エメラルド」には「幸運」、6月の「ムーンストーン」には「優しさ」といった意味がそれぞれあるのです。

7月の「ルビー」には「熱情」、8月の「ペリドット」には「夫婦の愛情」、9月の誕生石である「サファイア」には「信頼」や「誠実」といった意味が付されています。10月の「トルマリン」には「元気」、11月の「トパーズ」には「希望」、そして12月の誕生石である「ターコイズ」は「柔和」や「成功」を意味します。生まれた月のジュエリーを選ぶ人もいれば、好きな意味を持つジュエリーを選択するという人も少なくありません。また、夫婦それぞれの誕生石を2つ合わせて埋める人もいます。

誕生石について

誕生石とは、1月から12月の各月に対応したジュエリーのことです。自分が生まれた月のジュエリーを身に着けることで、幸運が舞い込みやすくなり、さまざまな災難から保護されると信じられています。こうした理由から、基本的に1日中身につけている結婚指輪の内側へ誕生石を埋め込む人が多いのです。

12種類の異なる宝石を選ぶという考え方は、旧約聖書に由来しているとされています。そこで祭司が身に着けていた職服には、12種類の美しいジュエリーが埋め込まれていました。18世紀になり、ジュエリーを取り扱う貿易商が12カ月と12の宝石を対応させるというアイデアを生み出します。これが「誕生石」という習慣の始まりとされているのです。

誕生石として選ばれているジュエリーは世界共通というわけではありません。日本では、アメリカのルールをベースにしながらも、サンゴを始めとするアジア特有の宝石をプラスすることでユニークな組み合わせを作り上げました。

宝石を埋め込むメリットデメリット

宝石を結婚指輪に埋め込むメリットは「スペシャル感を演出できる」という点でしょう。毎日使っているなんの変哲もない指輪を外してその裏側を見ると、実は自分の誕生石が埋まっているというサプライズ的な要素は非常に魅力的です。シルバーやピンクゴールドの指輪に刻印と合わせて美しい宝石が埋め込まれているというのは何度見ても良いものでしょう。結婚した2人だけがそのことを知っているという「秘密の共有」という感覚もスペシャル感を生み出すのに貢献してくれるはずです。

男性にとっては「隠れたお洒落を気軽に楽しむことが可能」というのもメリットと言えます。男性が指輪を付ける場合、ダイヤモンドなどを表側にあしらってしまうと、どうしてもフェミニンな印象を与えてしまうため、あまりおすすめはできません。また、表側に付けたジュエリーは少しの衝撃で外れてしまうリスクもあるため、日常生活にはあまり適していないという点も挙げられます。周囲からも「少し派手なのでは」と見られてしまう可能性があるでしょう。一方、裏石としてジュエリーを埋め込むのであれば、手元で細かい作業をする場合でも邪魔になる心配はまずありません。指輪を外した時にさりげなく宝石が見えるというのが隠れたお洒落を楽しみたい男性にとってはちょうど良いのです。

ただし、結婚指輪にジュエリーを埋め込むことにはデメリットもあります。それは「汚れやすい」という点です。結婚指輪は基本的にいつも身に着けておくものですから、指の皮脂が指輪の表面に付いてしまい、徐々に汚れてしまうことがあります。ですから、定期的にクリーニングをして綺麗な状態を保っておくようにしましょう。また、「サイズ直しの時に外す可能性がある」という点も注意すべきポイントです。特に、裏石として複数のジュエリーを埋め込んでいる場合、指輪と指のサイズが合わなくなって調整するときには外す必要が生じるでしょう。調整する幅が非常に大きい場合、外したジュエリーを同じ場所に戻せない可能性があります。

まとめ

指輪の裏側にジュエリーを埋め込むというのは非常にポピュラーです。自分の誕生月に合わせたジュエリーをチョイスする人もいれば、ゴージャス感を重視してダイヤモンドなどお気に入りのジュエリーを選ぶ人もいることでしょう。こうした隠れたお洒落は女性だけでなく男性でも楽しむことができるため大変人気があるわけです。