結婚指輪は安い物と高い物のどちらが良いの?

結婚指輪は安い物と高い物で迷ってしまうカップルもいるでしょう。結婚指輪の選び方はとても難しいという印象を持ちがちですが、メリットとデメリットを比較してみると判断しやすくなります。値段による違いを詳しく理解しておきましょう。

結婚指輪として高い物を選ぶメリットとデメリット

結婚指輪には高いものを選びたいという気持ちを持っている方も多いでしょう。しかし、安易に高額な結婚指輪を選ぶのにはデメリットもあります。高い結婚指輪にするメリットと合わせて理解して比較してみましょう。

高い結婚指輪を選ぶメリット

高い結婚指輪を選ぶと大切にしたいという気持ちが高まることに加えて、結婚に対する高い価値を実感できるのがメリットです。安い物にしてしまうと指輪をないがしろにしてしまい、手入れを怠って劣化してしまうかもしれません。大したものではないという意識があると指輪をすることに満足できず、結婚指輪をつけない習慣ができてしまうこともあるでしょう。高い結婚指輪にすれば大切なものを手に入れたという気持ちが生まれます。ずっと大切にしていこうという意識が芽生え、いつも結婚指輪を意識していくことができるでしょう。結婚したときの想いをいつまでも意識できるので、夫婦生活がより円満になると期待できます。

高い結婚指輪を選ぶデメリット

高い結婚指輪を選ぶと費用負担が大きいことや、普段から身につけるのに抵抗感が出る可能性があるのがデメリットです。結婚指輪は高い物なら何百万円もするので負担が大きいことは否めません。適度な価格帯のものにしておかないと今後の生活でお金の苦労をすることになりかねません。また、高くて貴重なものだという意識が強くなりすぎると普段使いをしづらくなります。結婚指輪はいつも身につけることでお互いを意識できるのが魅力なので、つけない習慣ができてしまうと大きなデメリットです。

結婚指輪として安い物を選ぶメリットとデメリット

結婚指輪は安い物でも十分という考え方もあります。もちろん安い結婚指輪にするメリットもありますが、デメリットもあることを考慮して検討しましょう。

安い結婚指輪を選ぶメリット

安い結婚指輪にすると結婚資金や結婚後の生活資金に負担が小さくて済むのがメリットです。結婚指輪は数千円くらいのものにしているカップルもいます。安くてもお互いに思い合う気持ちがわかれば十分と考えることができるでしょう。夫婦としての契りの証があれば良いと思うなら安い物でも問題はありません。

安い結婚指輪を選ぶデメリット

安い結婚指輪は価値をないがしろにしてしまうリスクがあるのがデメリットです。記念品としてできるだけ魅力があるものにしたいと思うカップルが多いでしょう。安い物にしてしまったために身につける習慣がなくなることもあるので注意が必要です。また、周囲の目を見たときに結婚指輪の見た目に高級感がないのが不安になる人もいます。安物に見えないように工夫をしている結婚指輪を探さないと、貧しい家庭だと思われてしまうことがあるのは事実なので気を付けましょう。

結婚指輪の値段は事情に応じて選ぼう

結婚指輪は高い物も安い物もあり、価格帯はピンからキリまであります。値段をいくらくらいにするかはカップルで相談をしてお互いの事情や考え方を考慮して決めるようにしましょう。高級感が溢れる結婚指輪に憧れを持っている人もいれば、結婚指輪はあれば十分で高くなくても良いという人もいます。お互いの価値観の擦り合わせをして、納得できる価格帯の結婚指輪を選ぶのがベストです。価格帯によるメリットとデメリットの違いについても共通認識を持つと納得できる選択ができるでしょう。

メリットとデメリットを考慮して結婚指輪の価格帯を決めよう

結婚指輪は安くても高くてもメリットとデメリットがあるので、カップルでどうしたいかを考えて希望に基づいて決めるのがベストです。個々で紹介したメリットとデメリットを参考にして比較検討していくらくらいにするかを決めましょう。