つける指によって変わる指輪の意味

結婚指輪はどの指につけるのか知っていますか?結婚指輪をつける指は左手の薬指ということは誰でも知ってると思いますがなぜ左手薬指なのでしょうか?それにはちゃんとして意味があって左手の薬指と決まっています。

それと同様に他の指に着ける指輪にも意味がちゃんとあって、左手、右手によってもそれぞれ意味があります!それぞれ着ける指によってどのような意味があるのか解説します。

着ける指によって変わる指輪の意味

親指指輪(サムリング)

親指につける指輪はサムリングといわれ「サム」は英語で親指の事です。

左手親指信念を貫く。目標を達成させたいときや壁を乗り越えるときに良い。
右手親指リーダーシップや勇気をもたらしてくれます。

人差し指指輪(インデックスリング)

左手人差し指精神力を高めたり積極性を高めます。
右手人差し指集中力を高めてより意志を強くもてます。

中指指輪(ミドルフィンガーリング)

左手中指協調性を高めて判断力が良くなります。
右手中指邪気から身を守り、直感や霊感を高めてくれます。

薬指指輪(アニバーサリーリング)

左手薬指愛の絆を深めます。心臓に繋がる太い血管があると信じられていて永遠の愛を誓うための指として結婚指輪をつけます。
右手薬指心の安定。リラックスして落ち着いて行動するときにつけます。結婚前のペアリングとしてこの指に指輪をつけたりもします。

小指指輪(ピンキーリング)

左手小指チャンスを引き寄せ願いを叶えたいときにつけます。恋愛を達成したいときにも良いです。
右手小指好感度のアップやお守りとして身につけたりします。

指輪をつける指は意味を知ってつけるのが効果的

このようにどの指に指輪をつけるかによって意味合いがあります。意味を知った上で指につけることが重要で指輪をつけることによって潜在意識に働きかけてより効果的に指輪の力を発揮できるでしょう。

逆に意味を知っている人から見れば、指輪をつけた人が何を望んでいるかが解るので周囲に自分の思っていることをアピールする事にもなります。

例えば、左手小指に指輪をつけている人を見れば「この人は恋人が欲しい」と願っていると理解できますし、左手薬指なら「結婚してる」とわかります。意味を知らずにつけている人でも無意識に自分の願望などで指を選んでつけてしまうようです。指輪をつける指からその人がどのように思っているかわかるので参考にしてその人に接するのも良いでしょう!