プラチナとゴールドのコンビで仕上げる結婚指輪のメリットとデメリット

結婚指輪ではプラチナとゴールドは素材として人気があります。ただ、どちらか決められなくて困ってしまうことはないでしょうか。この記事ではプラチナとゴールドのコンビネーションを使う結婚指輪のメリットとデメリットを紹介します。

プラチナとゴールドのコンビネーション結婚指輪とは

結婚指輪には安定性が高くて劣化しにくく、高級感のある金属を素材にするのが人気です。中でも品格が高くてよく選ばれているのがプラチナとゴールドです。銀白色の美しさを重視したい人からはプラチナ、黄金色の輝かしい姿を大切にしたい人からはゴールドが選ばれています。ただ、どちらにも魅力があって、プラチナとゴールドの一方に決めることができない人もいるでしょう。結婚指輪は一生に一度だけ作るもので、一生身につけるのが特徴です。ずっと手元で輝いていて欲しいのはプラチナなのか、ゴールドなのかと考え始めるとなかなか決められないのももっともなことでしょう。

この際の解決策としてプラチナとゴールドのコンビネーション結婚指輪にする方法があります。コンビネーションリングは結婚指輪以外でもよく注目されるようになりました。複数の素材を使用して仕上げるのが特徴で、コンビリングとも言われています。プラチナとゴールドのコンビにすると、プラチナとゴールドの色合いや輝かしさ、質感などの魅力を両方とも生かすことが可能です。

プラチナとゴールドの組み合わせ方にはバリエーションがあります。プラチナのリングとゴールドのリングを重ね合わせるのが基本です。二段になるように組み合わせたコンビリングも、内側と外側にして組み合わせたものもあります。内側と外側で重ねる場合にはプラチナとゴールドのどちらを外側にするかによって2つのパターンがあり、好みに応じて決めることができます。また、ゴールドを基盤にしてプラチナを装飾的に使ってコンビネーションにすることも可能です。オーダーメイドになることが多い方法ですが、こだわりがある人にとっては魅力的なプラチナとゴールドのコンビでしょう。

プラチナとゴールドのコンビにするメリット

プラチナとゴールドのコンビにした結婚指輪は最高級とも言えるほどの高級感が溢れる仕上がりになることがメリットです。指輪素材として最高峰のプラチナとゴールドを贅沢に合わせるので、誰が見ても美しく照り映えていて最高級の結婚指輪だという印象を受けるでしょう。夫婦での満足感が得られるのもメリットですが、見た人に対してステータス感をアピールできるのも魅力です。高いステータスを手に入れたいという気持ちがあるなら、結婚指輪をプラチナとゴールドのコンビにして指輪の高級感に恥じないように成功を目指そうという気持ちを奮い立たせるのも良いアイデアでしょう。

プラチナとゴールドのコンビにするデメリット

プラチナとゴールドのコンビの結婚指輪にするデメリットは費用が高いことです。二種類の金属を合金にせずにうまくコンビネーションにするのには技術的な要求があります。美しいバランスにするためのデザイン力も求められるでしょう。プラチナとゴールドはどちらも貴金属として高価ですが、組み合わせることでさらに付加価値が付いて高くなるのが一般的です。オリジナルのアレンジをしたいと考えてオーダーメイドにすると技術料やデザイン料もさらに上がることが多いので注意しましょう。また、ファッションとマッチするかどうかも問題になり得るポイントです。二色に煌めく結婚指輪にマッチするファッションに普段から身を包まなければ指輪の魅力も引き出せないので注意が必要です。

プラチナとゴールドのコンビを検討しよう

プラチナとゴールドのコンビにした結婚指輪は、指輪素材として最高峰の二つの金属を組み合わせた贅沢な仕上がりになります。費用はかかりますが、どちらにするかを決められない人にとって魅力的な結婚指輪になるでしょう。